スパはいかがですか?

美容スパの情報サイト

温泉とスパの違い

一般的に、「温泉」と「スパ」を混合して捉えられる事が多いのですが、この2つには明確な違いがあります。
「温泉」は英語で、hotspringと呼ばれていますが、「ホット」と呼ばれているだけあって、その温度に決まりがあります。
a1810_000008

◎温泉法により定められている◎

具体的には、水温が37℃以上のものを「温泉」と定義付けられています。
これは世界中で温泉を定義する際に使用されている基準です。

しかし現在の日本ではこの37℃という明確な基準が無くても、ある程度の有効成分が含まれているのであれば、「温泉」と認めるようになってきています。
地中から湧き出る温水であり、水蒸気の中にも決められた成分が含まれているものが「温泉」と呼ばれます。

またそれを採取するためにも、その源泉のある都道府県の許可が必要なので、「温泉」を開業するためには、色々と面倒な手続きが必要です。
以前は、比較的低温な水源の事を「鉱泉」と呼ばれていたのですが、
基準の改訂によってそれら多くの鉱泉が「温泉」に変格したのです。

そういう意味では、日本人に古くから親しまれてきたものの中には、「鉱泉」としてのスパも数多く含まれていた事が分かります。
「温泉」は、日本国内では「温泉法」という法律によって決められています。
飲み食いが出来る店舗や娯楽施設が併設されている場合が多いです。

温泉法の詳細は下記の通りですので、興味のある方はご参照ください。
参考:温泉法[e-Gov]

◎リラクゼーション◎

その一方で、「スパ」の定義としては、例え普通のお風呂であっても、
そこに例えばアロマオイルなどのリラクゼーション成分を入れていれば、一応の「スパ」の基準は満たします。

もちろんそのような簡易的な施設が売れる事は無いので、
通常のお風呂にジェット噴流を付けたり、ハーブオイルを入れたりなど、各店舗・サービスによって工夫を凝らしています。

このように「温泉」と「スパ」とには明確な違いがありますが、温泉が完全にスパとは別個のものであるとは言えません。
その理由は、「スパ」の本来の定義そのものに、「温泉での病気治療」という意味が含まれているので、
スパの一種として温泉があるという認識が、本来正確なものです。

しかしそれらが世界中で広まっていく中で、温泉というためには明確な基準があり、
スパにも明確な基準が生まれてきたのです。ひとつ言える事は、
双方共に、人々の心身をリラックスさせる目的で生まれたものであり、
今後も人が生きる社会の中で必要とされ続ける存在であるという事です。

Comments are closed.