スパはいかがですか?

美容スパの情報サイト

スパの歴史と効果

「スパ」という用語は、元々ベルギーのとある街の名前から来たとされており、
本来の意味は「温泉による病気治療」とされています。
しかしここ最近では、温泉や水浴による治療を基本概念として、
伝統的な治療をベースとして行う施設やサービスの事を、全般的に「スパ」と呼ばれるようになりました。

◎スパのサービス◎

そんな「スパ」で利用出来るサービスには、体を鍛えたり、
心身をリフレッシュするために設けられた、サウナやスチームバス、ジャグジーなどがあります。

一般的な「スパ」の解釈としては、以前は温泉地で心身を癒すという意味合いが強かったのですが、
ここ数十年では上記のような広い意味を持つようになりました。

日本に古くからある代表的な「スパ」としては、温泉が挙げられますが、
これも日本では昔から心身を癒やす「スパ」のひとつとして捉えられてきました。

◎スパの効果◎

スパで得られる効果としては、ちょうどエステと病院で得ることが出来るサービスを融合させたものとして解釈出来ます。
スパが発祥したベルギーを始めとするヨーロッパ地方では、医療サービスでは治せない自然治癒力の部分を、
スパを利用する事で向上させる役割を持っているとされています。

例えばスパのひとつである温泉では、それを利用する事で心身共にリラックスする事ができ、
尚且つ体内の老廃物を排出する事が出来るので、日頃の健康維持に結びつける事が出来ます。

スパのサービスをサポートする「セラピスト」と呼ばれる人達も、スパが利用出来る施設において、
利用者の美の向上や健康へのお手伝いをする役割として位置づけられています。

スパの意味を持つサービスは、世界でも広義に渡りますが、
ここ数年ヨーロッパを中心に人気を集めているスパサービスの例として、「スウェディッシュマッサージ」と呼ばれるものがあります。

これは従来のマッサージとは違い、オイルを使ってマッサージを行うので、比較的リラクゼーション効果を実感しやすいサービスになっています。
具体的な効果としては、凝り固まった体の筋肉を柔らかくほぐしてくれるので、日頃の疲れを解消してくれるのです。

またオイルを使ったマッサージを行うので、美容効果やデトックス効果も期待する事が出来ます。
以上のように、以前から使用されてきた「スパ」の定義は現在でも受け継がれており、その種類が非常に多くなってきていると認識する事が出来ます。

◎違いについて◎

温泉とスパの違い
混合して捉えられがちな温泉とスパの違いについて解説します。

Comments are closed.