スパはいかがですか?

美容スパの情報サイト

デッドシースパ

天然由来成分が多く含まれている海からも、スパに使用する成分として適切なものが含まれています。
特に海中に含まれているミネラル成分を、スパで使用する美容成分として活用したのが「デッドシースパ」です。

デッドシーは、日本語に直すと「死海」という意味です。死海は、塩分濃度が高い海として有名ですが、この高い塩分を含んだ死海の泥を使って行うのが「デッドシースパ」です。

このデッドシースパと他のスパとの異なる点は、クレオパトラが生きていた頃の古い時代から愛されてきた美容スパであったという点です。
クレオパトラと言えば、世界三大美女の1人として有名な人ですが、そんな彼女の「美」を支えた要素のひとつに、デッドシースパが含まれていたのです。

それはトリートメント成分として古くから親しまれており、その美容効果には、皮膚アレルギーを改善したり、リウマチや神経痛などを緩和する働きをも兼ね備えています。

また死海の近辺に在住している人達にとっては、男女問わず美容目的で体験する事が出来たので、デッドシースパの利用者は男性にも多く存在します。

このデッドシースパの利用方法としては、実際に死海で採取した海水を、浴槽の中に入れ、その中でスパを行います。死海の水は、塩分濃度が高く、その中に浸かった人は、体が浮いてしまう事が特徴ですが、その状態で海水に含まれているミネラル成分を体内に浸透させる事が出来るのです。

その後、死海に沈んでいた泥を体の表面に添付する事で、より多くのミネラル成分を浸透させる事が可能になるのです。
また泥は体内にじっくりと塗りつける事で、ミネラル成分を補給するだけではなく、リラクゼーション効果や痩身効果をも得る事が出来ます。

デッドシースパの特徴は、何よりもその「浸透圧」の高さです。塩分濃度が高い成分の浸透圧は非常に高く、これ自体が体内へのミネラル成分の浸透をよりスムーズにサポートしてくれます。

ミネラル成分が体内に多く浸透する事で得られる効果としては、例えば多くの女性が持つ悩みのひとつである、ムクミを解消する事が挙げられます。
ミネラル成分が浸透する事で、体内のイオンバランスを整え、ムクミだけではなく、体を冷えや疲れを改善する効果もあります。

デッドシースパは、現在日本の多くのスパで利用出来るので、比較的手軽に受けられる点も、デッドシースパの強みと言えます。

Comments are closed.