スパはいかがですか?

美容スパの情報サイト

チョコレートスパ

主に食用として使用されるチョコレートですが、これを液状に溶かし、全身に添付して行うスパを「チョコレートスパ」と言います。

チョコレートに含まれているカカオには、人の美容を促進する上で重要な働きがあります。人間は、このカカオの甘い香りを嗅ぐ事で、体内から「エンドルフィン」と呼ばれる成分を分泌する事が出来ます。このエンドルフィンは、通常「幸福ホルモン」とも呼ばれ、それ自体に脂肪を分解する働きがあります。

スパを利用される方の中には、体内に蓄積された脂肪分を除去し、体質改善に努める目的を持った方もいらっしゃるので、そういう方には、この「チョコレートスパ」がお勧めです。

チョコレートスパの具体的な方法としては、まず最初にシャワーやジャグジーなどを使って、肌の毛穴を広げます。体を温める事は毛穴を広げて、角質を除去しやすくする効果だけではなく、体内の老廃物をより排泄しやすい状態を作る事にも効果があります。

その後、カカオの殻や実のフレークをスクラブ状にすり潰したものを、肌の表面に添付し、細かな角質をも除去する事が出来ます。そして全身にチョコレートパックを塗りつけて、エンドルフィンを分泌させます。最後に、チョコレートをシャワーで洗い流し、オイルトリートメントをすれば終了です。

主に脂肪分を分解する目的でチョコレートスパを利用される方が多いのですが、それ以外にもチョコレートスパを利用する意味はあります。
1点として、動脈硬化を防ぐ効果があります。チョコレートには、抗酸化作用も含まれているので、体内に蓄積された悪玉コレステロールが酸化しないように抑える効果があるのです。その結果、動脈硬化を防ぐ事が出来ます。

またチョコレートを添付する事で分泌される「エンドルフィン」には、脂肪を分解する働きだけではなく、リラクゼーション効果もあります。これによって日頃蓄積されたストレスを解消し、癒しをもたらす事が出来るのも、チョコレートスパの大きな強みです。

チョコレートスパに使用するチョコレートは、基本的には食用と同じような甘い香りがしますが、味は無味であり、食用として使用する事は出来ません。

またチョコレートを添付するため、施術後の肌はベタ付くのではないかという疑問もありますが、実際にはチョコレートには水分保持能力があるので、ベタ付く事なく、スベスベとした肌を作る事が出来ます。

Comments are closed.